弱酸性次亜塩素酸水(除菌水)の消臭効果について

気温が徐々に上がってゆき、春の訪れが近づいてきました。
毎年この時期、一気に桜が咲いて慌ててお花見・・・なんてことも。

寒い冬とともにインフルエンザの嵐も去りつつありますが、
一安心できるのは、つかの間。
春の次は湿気の多い梅雨、そして夏の猛暑がやってきます。

あまね商店で取り扱っている除菌空間清浄機のJ-BOYは、
常時空間をきれいにするだけでなく、除菌もしてくれる優れもの。

特に「臭い」。これには絶大な力を発揮します。

お花見と言えばお酒がつきもの。
是非、除菌に使える除菌水の小分けボトルをご持参ください。
除菌水を使って、お花見のシーンでもちょっとした実験ができます。
お酒と言えばおつまみ。その代表とも言える「スルメ」を使います。

あの特有の臭いのあるスルメをビニールなどの密封できるものに入れて臭いを閉じ込めます。
しばらくしてスルメを取り出した後、そのビニール内へ除菌水をシュッ!
するとどうでしょう、あっという間に消臭されてしまいます。
手や布物に臭いを付けても同じ事。除菌の消臭スピードを体感できるプチ実験です。

これからは気温の上下を繰り返しながら湿度が上がってゆく季節。
どうしてもイヤ~な臭いの機会が増えます。
この臭い、自分ではなかなか気づきにくいものです。
そんな季節にもJ-BOYは大活躍。部屋干し特有の臭いを除菌消臭してくれます。
臭いの元を除菌して、撃退してくれます。

  • 弱酸性次亜塩素酸水の除菌能力は次亜塩素酸ナトリウムの約80倍。
  • アンモニア、硫化水素、トリメチルアミン、メチルメルカプタンなどの
  • 匂いの元になる菌やウィルスも瞬間で除菌します。
  • しかも除菌後はこれまた瞬間にお水に戻る性質があるので安心・安全!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA